体と心にやさしいごはん

こだわり食材で作る体と心にやさしいごはんのレシピを中心としたブログです。

【レシピ】鶏ひき肉とごぼうの炊き込みご飯

こんにちは。

突然ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?炊き込みご飯。

白いご飯もいいんですが、炊き込みご飯は季節ごとにいろんな具で楽しむことができるので時々、「あ!炊き込みご飯食べたい!作ろ!」って急になるんですよね。

具材ありきで作るときももちろんありますが、今日は炊き込みご飯が食べたい気持ち先行で、冷蔵庫にある材料で作ってみました。

結局炊き込みご飯の具材ってなんでもいいんだと思います。ご飯は何でも包み込んでくれる懐の深さをもってます。日本人に生まれてよかった。


f:id:yasashiigohan:20190708213247j:image

☆材料(3合分)

  • 米         2合
  • もち米       1合
  • ごぼう       1本
  • 鶏ひき肉      150g
  • しめじ       1/2パック
  • スナップエンドウ  6本
  • だし汁       600ml
  • 醤油        大さじ1と1/2
  • 酒         大さじ3
  • 塩         小さじ1/2

☆作り方

  1. 米ともち米を洗って水につけておく。
  2. ごぼうはささがきにして水にさらす。
    f:id:yasashiigohan:20190708213300j:image
  3. しめじは石突をとって半分にきる。
  4. 1の水を切って、釜に入れ、ほかの具材、調味料もすべて入れる。
    f:id:yasashiigohan:20190708213311j:image
  5. 一混ぜして炊く。
  6. 炊きあがったら蒸らして、茹でて適当な大きさにきったスナップエンドウを混ぜる。

☆やさしさポイント

  • 毎年、親戚からいただくもち米が残っていたのでもち米を入れましたが、もちろん全部白米でもOKです。もち米のもちっとした感じがお好きな方はぜひ。
  • 我が家は炊飯器ではなく土鍋で炊いてるので、おこげもしっかりつきました。香ばしくて最高!土鍋についてはこちら↓

yasashiigohan.hateblo.jp

 

 

 

おうちBBQのすすめ

週末はいかがお過ごしでしたか?

私が住む奈良県では梅雨の晴れ間で過ごしやすい週末でした。

せっかく雨も降らないようなんでバーベキューでもしようということになり急遽買い出しにでかけバーベキューをしました。

といっても川に行ったわけでもキャンプ場に行ったわけでもありません。

庭です、庭。

庭なので何があるということもないですが、ゆるーりBBQにはもってこいです。

なぜなら、

  1. 思い立ったが吉日。すぐできちゃう。
  2. 忘れ物が起こりえない。すぐに、部屋にとりに行けちゃう。
  3. とにかく自由。周りに気を遣わなくていいし、ルールは自分。

ほんとに、気ままに楽しみました!

で、今回のメニューはこんな感じでした。


BBQ

<鶏モモ肉一枚焼き>

塩コショウをして切らずに焼く!小さく切って焼くよりもジューシーに仕上がります。

柚子胡椒をつけていただきました!


鶏モモ肉一枚焼き

<スぺアリブ>

これも塩コショウをして焼くだけ豪快にかぶりついてください。下味をつけてもおいしいですが今回は思い付きで決行したので塩コショウのみ。十分おいしいです!


スぺアリブ

<ピーマン丸焼き>

またまた丸焼き。なんでも丸焼きにするとジューシーでおいしいです。ヘタも種もとりません!醤油をちょっとたらして食べてください。


ピーマン丸焼き

<じゃがいも丸焼きチーズのせ>

じゃがいもは丸のまま新聞紙でくるみ、水に浸します。そのままアルミホイルに包んで炭の中に放り込んじゃいましょう。新聞の水分で蒸し焼きになり丸焦げにならずにホクホクじゃがいもが食べれます。食べる前にチーズを挟んでいただきました。


f:id:yasashiigohan:20190707222304j:image
じゃがいも丸焼きチーズのせ

<ズッキーニのチーズのせ>

輪切りにしたズッキーニを両面焼いたら最後にチーズをのせて完成。あまり焼きすぎずにズッキーニのジューシーさを味わってください。

 

<とうもろこし>

あらかじめ茹でておいたとうもろこしをかるく焦げ目がつく程度にあぶる感じです。何もつけなくても甘くておいしいです。

 

<〆のおもち>

おもちを炭火で焼くとなんでこんなにおいしいんでしょうね。我が家のバーベキューでは定番の〆メニューです。砂糖醤油、きなこお好みの味でどうぞ!


炭焼きおもち

あとは、イチボとソーセージぐらいかな。

 特に豪華な食材でなくても外で炭で焼くだけでなんか贅沢に感じますよね。

さくっとお庭でバーベキュー!これから暑くなりますがぜひやってみてください。

【レシピ】アジの塩焼き

鯵がおいしい季節になりましたね。

割りと一年中見かける魚ではありますが、鯵の旬は5~7月ごろ。旬の鯵はサイズは小さいけれど脂がのっておいしい!

というわけで、素材がおいしいから余計なことはしません!シンプルに塩焼きがベストかと。

塩焼きですから塩かけて焼くだけ。レシピということもないですが、魚のさばき方を含めてまとめてみました。

魚の下処理ってやったことないと難しいと思うかもしれませんが、やってみると簡単ですよ。
アジの塩焼き

何事も挑戦!ぜひやってみてください。

☆材料(4人分)

  • 鯵   4尾
  • 塩   適量

☆作りかた

  1. 鯵の身に包丁の刃を垂直にし包丁を横に動かしながらうろこをとる。
    アジの下処理
  2. 包丁を寝かし、ぜいごを削ぐ。包丁を前後に動かしながら。
    アジの下処理
  3. エラぶたを開き指で赤いエラを取り除く。
    アジの下処理
  4. 鯵の頭を右になるように置き、むなびれの下に切り目を入れる。
    アジの下処理

  5. 切り目から指を入れはらわたを掻き出す。
    アジの下処理

  6. 塩水で鯵を洗いキッチンペーパーなどでしっかり水気をとる。
  7. グリルで焼く。グリルがない場合は、フライパンにクッキングシートをひき蓋をしても焼けます。

☆おすすめの道具

関孫六 碧寿 出刃 150mm

包丁は本当にピンキリです。いつかは有次の包丁が欲しいなあなんて思ったりもしますが、今ので十分だという気もしつつ。

出刃包丁は特に出番も少ないのでまず最初の1本にはちょうどいいかなあと思っています。

 

ステンレスにおいとりソープ

魚をさばいたり、にんにくを切ったりすると手に匂いがついてなかなかとれないことないですか?石鹸で洗ってもまだ匂う。そんなときに試してほしいのがこのステンレスソープ。石鹸といえど泡もたたないし、泡が立たないから減らない。つまりただの石鹸の形をしたステンレスの塊なんですが、不思議とこれでしつこい匂いが取れるんです。

洗剤を使わないので環境にもやさしいし、半永久的に使えるのでお財布にもやさしい。


 

 

 

 

 

こだわりと例外

体にやさしい、添加物の少ない食べ物を家族にたべてもらいたい。

そう思って日々努力しています。

日々の食事はもちろん、おやつも大事にしたいと思っています。

外食するときも、できるだけチェーン店には行かずに個人で経営してるこだわりをもったお店を選びたいと思っています。

 

とはいえ、子供たちがお友達と遊ぶときにおやつ交換すると、正直あまり食べてほしくないなあと思うものもいただいたりします。

それはそれでお友達との大事な時間で楽しい思い出になると思うので、そこに口出しはしません。もらったものはありがたく頂戴しなさいと教えています。

友達家族と出かけて、普段は我が家だけでは行かないマクド、ファミレスに行くこともあります。

そこで、うちは行きません!なんて無粋なことはしません。

出先でコンビニおにぎりを買って食べることもあります。

子供が遠足のおやつを買うときは友だちと駄菓子を買いに行ってます。

手抜きしたいときに店屋もんのお世話になることもあります。

 

食べるものに頑なになりすぎて大切な人との時間を台無しにするのはちょっと違うと思うからです。こだわりすぎて、周りの人に嫌な思いをさせたり、自分自身不自由を感じてしまっては心にやさしくないと思うからです。

 

だから普段はこだわりをもって食べることを選んでいますが、時に例外もあります。

例外から学ぶこともたくさんあります。

それでも、子供たちは、体にやさしいものとそうでないものをちゃんと理解してるので、いつか大人になって自分で食べるものを選ぶときにいい選択ができるんじゃないかと信じています。

【レシピ】プチトマト入り鶏つくね

今年は庭のプチトマトが豊作です。去年は種から植えたのでなかなか大きくならずシーズンで10個ほどしかとれませんでした。

今年は時期が遅かったこともあり苗を購入して植えたら、鈴なりです!毎日10個取っても翌日にはまた赤くなってる。うれしい限りです。

トマトなどそのまま口に入れるものはできるだけ無農薬で育てたものを食べたいですからね。

そのまま食べてもおいしいのですが、毎朝、毎晩食べてもなくならないので料理にも使うことにしました。


プチトマト入り鶏つくね

☆材料(4人分)

  • プチトマト   15個
  • 鶏ひき肉    300g
  • パン粉     大さじ2
  • 牛乳      大さじ2
  • 醤油      小さじ2
  • 味の母(みりん)  小さじ2
  • 片栗粉     適量
  • 塩       適量

☆作り方

  1.  パン粉を牛乳でふやかし、ひき肉と塩少々を混ぜ粘りがでるまでよく練る。
    プチトマト入り鶏つくね
  2. プチトマトに片栗粉をまぶす。
    プチトマト入り鶏つくね
  3. 1に2を包みこんで丸める。トマトをぎりぎり包めるぐらいのひき肉の量でOKです。

    f:id:yasashiigohan:20190703094237j:image

  4. 3を中火で焼く。1面が焼けたら転がして全面こんがり焼く。焼いている間はトマトと肉がはがれないようにあまり触らない。
    プチトマト入り鶏つくね
  5. 焼けたら醤油とみりんを入れ全体にからめ、すぐに火を止める。
    プチトマト入り鶏つくね

☆やさしさポイント

  • 見た目は普通のつくねですが、食べた瞬間トマトの甘い果汁がじわっと出てきて、子供たちもびっくり!おいしいだけでなく楽しいおかずになりました!
  • 中身が全く見えないので、色の違うトマトを入れてみたり、トマトのほかにチーズやうずら卵なんかを入れてロシアンルーレット的に楽しむのもありかな。っと思います。レッツ、ロシアンつくねパーティー

【レシピ】べか菜とベーコンのミルクスープ

べか菜ってご存じですか?

私は知りませんでした。関東では流通してるんですかね?

関西のスーパーなどでは見かけることがないのですが、先日頼んだ宅配の野菜セットに入っていました。
べか菜

白菜よりもすらっとしていて見るからに柔らかそう!山東菜とも呼ぶらしく、名前の通り中国山東省が原産の白菜の仲間だそうです。

漬物、炒め物、煮物なんでもOKとパッケージにあったのでスープにすることにしました。


べか菜とベーコンのスープ

☆材料(4人分)

  • ベーコン   70g
  • べか菜    1束
  • じゃがいも  小2個
  • 水      500ml
  • 牛乳     100ml
  • コンソメ   小さじ2
  • 塩、コショウ 適量

☆作り方

  • ベーコン、じゃがいもは細切り、べか菜は3㎝ぐらいにざく切りする。
    f:id:yasashiigohan:20190703091141j:image
  • 鍋に水とベーコン、じゃがいも、コンソメを入れて火にかける。
    f:id:yasashiigohan:20190703091152j:image
  • じゃがいもが柔らかくなってきたらべか菜を入れさっと火を入れたらすぐに火を止め、牛乳を入れる。
  • 塩コショウで味を調える。

☆おすすめ食材

    • ベーコンは自家製ベーコンを使っています。スープにコクが出ておいしくなります。


yasashiigohan.hateblo.jp

    • コンソメも、できるだけシンプルな材料でできたものを選んでいます。野菜くずや鶏ガラなどで作るともっとおいしいんでしょうが、なかなかそこまで手がまわりません。余裕があればまた挑戦したいです。


 

 

 

 

【レシピ】にら春巻

先日安くてに入れたニラ。にらが苦手な子供たちを騙し騙しやっとこ使いきった!

とほっとしていた矢先、義父からいただいた野菜の中にニラが。

ありがたいんですよ、無農薬だし美味しいし。ただ続くとね。

 

というわけで、ニラを子供たちにもおいしくいただいてもらうために、春巻に仕込んでおきました。うちの子供たち餃子、春巻には入れても大丈夫らしい。隠れてりゃいいのかな?


にら春巻き

☆材料(4人分)

  • 豚こま    250g
  • にら     1束
  • にんじん   小1本
  • 椎茸     2枚
  • 春巻の皮   10枚
  • 片栗粉    小さじ1
  • 塩、コショウ 適量

☆作りかた

  1. 豚、にんじん、しいたけは細切り、ニラは4cmぐらいに切る。
  2. フライパンに油を熱し、豚、にんじんを炒める。
  3. 肉の色が変わったら椎茸とにらも加えサッと炒める。
  4. 塩、こしょうで味を整えたら水溶き片栗粉でとろみをつける。
  5. 4をバットに空けて冷ます。
    にら春巻き
  6. 冷めたら春巻の皮に包んで、水溶き片栗粉で巻き終わりをくっ付ける。
    にら春巻き
    f:id:yasashiigohan:20190702210135j:image

  7. 170℃に熱した油でキツネ色になるまで揚げる。
    にら春巻き

☆やさしさポイント

  • 子供が苦手な食材も、うちでは食卓に上げます。食べ方次第では食べてくれる場合もあるからです。嫌いだからと避けていると食べられるようにはならない!と何事にも挑戦してもらってます。一口も食べずに残すことはうちでは禁止。そのおかげか、絶対に食べられないほど嫌いなものはないようです。
  • 味付けは塩コショウのみですが、しょうゆなどは付けずに食べます。にらの香りを楽しんでください。