体と心にやさしいごはん

こだわり食材で作る体と心にやさしいごはんのレシピを中心としたブログです。

【こだわり】ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

私はチーズが好きです。

でも日本の普通のスーパーで売ってるチーズって同じようなものばかりですよね。

スライスチーズとか6個に分かれたやつとか...

チーズも色んな種類がありますが、まずは大きく2つに分かれているのをご存じですか?

それはナチュラルチーズとプロセスチーズです。

ではそれぞれの違いについて説明します。

 

ナチュラルチーズ

  • 乳を固めて発酵熟成させたもの
  • 乳酸菌は死滅せず生きたまま
  • 乳酸菌が生きているため熟成が進む

☆プロセスチーズ

  • ナチュラルチーズを加熱して溶かしたものに乳化剤を加えて型にいれ固めたもの
  • 高温加熱しているため乳酸菌は死滅している
  • 乳酸菌が死滅しているため熟成は進まず長期保存にむく

それぞれの違いをまとめると、ナチュラルチーズは名前の通りより自然に近い状態のチーズで特有の味や香りを楽しむことができるチーズ。プロセスチーズは癖のない味で食べやすく保存性が効くチーズといえるのではないでしょうか。

 

この違いを踏まえたうえで、どちらを選ぶかは好みの問題ですが私は断然ナチュラルチーズを選びます。なるべく自然に近いものを口に入れたいからです。

乳化剤って何?それって安全?って思いませんか?

乳化剤も天然由来のものとそうでないものがありますが原材料名への表示では「乳化剤」とだけ表示すればいいことになっており何が使われているのか消費者にはわからない仕組みになっています。当然どんな食品添加物厚生労働省の認可を受けているものなので安全だとはいいますが、あくまでも単体での安全検査であり、ほかの食品添加物と併せて摂取した場合にどうなるか?ということまでは検査されていません。

もしかしたら安全かもしれないし、そうでないかもしれない。

それなら、危うきには近づかない!

これが自分にできる最大の防御法だと思うのです。

だから私はこれからもナチュラルチーズを選びます。

ま、何よりおいしいのが最大の理由でもありますが。

 

そして我が家のチーズライフの強い味方がこちら

チーズグレーター(チーズ用おろし金)です。

これさえあれば、わざわざ形状の違う(スライスチーズや粉チーズ)を買いそろえなくてもブロックチーズを買えばいろんな用途に使うことができます。

 

シュレッドチーズには少し柔らかめのゴーダチーズやチェダーチーズを削ります。

チーズグレーター

粉チーズを使いたいときはパルメザンチーズのようなハードチーズをおろします。

あなたも楽しいチーズライフを!